カラコンで簡単イメチェン|白色で仮装を盛り上げる

メガネで使用する素材

複数のメガネ

メガネは様々な素材でできています

メガネは視力矯正の道具としてだけでなく、顔の一部として自分を演出することができるファッションアイテムの一つともいえます。金属素材はニッケル、クローム合金やパラジウムを使った昔の製法のものからチタンやベータチタンなど軽さや弾力性に富む素材での加工が可能になり、最近では掛け心地を重視した機能的な国産のメガネが増えてきています。また、プラスチックの素材によるメガネが、ヤング層を中心に需要が高まっています。熱を加える事で掛け具合の調整が可能なセルロイドやアセテート、オプチルといった昔ながらのものやプラスチックに金属の芯を入れずに作る、弾力性のあるTR素材があります。掛け心地は、素材の選び方によって変わってきます。店頭で実際に掛けてみると自分の好みがわかり、選びやすくなります。

生活スタイルによって選び方も変わります

生活スタイルによって、メガネを掛け替える人が増えてきています。職場でパソコン業務が多い人は、天地幅の広いフレームを選ぶことで視野を確保できます。スポーツなど、屋外でアクティブに使用する人はフィット感や汗に強いフレームを選びます。選び方は世代、性別、職場環境、趣味など多岐に渡ります。どのようなシチュエーションの時に使いたいのか、購入前に考えてから店舗へ足を運びましょう。メガネはフレームだけでなく、レンズの見え方にも違いがあります。素材は現在、ガラスよりもプラスチックのものが主流です。重さや軽さ、歪みの程度、傷のつきにくさによって選び方も変わります。選び方を間違えると、長期間見え方の悩みが解消されない恐れがあります。専門の知識を持つ係員に構造の違いを説明してもらい、自分に合った見え方を提案してもらいましょう。